童顔と美しいローズピンクのアソコを持つ若妻とおっとりセックス

童顔若妻の美しいローズピンクおマ○コ

僕はこの記事の執筆時点でテレクラ「マックス」には相当お世話になっていたのだが、その中でも特に印象深かった相手、「中学生のような童顔と爽やかなローズピンクのおマ○コを持つ人妻女性」とテレクラを通じて会い、セックスに至った体験談を書きたいと思う。

下手すると中学生と見紛うような童顔を持つ人妻

その若干23歳という若さで人妻である女性は綾子さんといった。
最初の無料体験でLINEのIDを交換することに成功した私はやや強引に直アポを取り付けようと試みたのだが、最初はとりあえずエッチはなしでランチでもしながらお話だけしたいという。
正直エッチもできないのに会うメリットは何だろうと考え込んでしまったがもしかしたらその次に繋がることもあるかなと考えて私は快く返事をした。

電話で話した時からおっとりと控えめな印象を受けていたのだが、待ち合わせ当日に綾子さんの方から声をかけられて驚いた。女子高生と言ってもおかしくないような童顔の持ち主なのである。下手すると中学生だと間違われることもありそうだ。
そしてその垂れた目でおっとりとした話し方をされると不思議と心が落ち着くものであった。
挨拶もそこそこに私達は近くの居酒屋に移動した。

話を聞くと夫は単身シンガポールに住んでいるらしい。子供はおらずいつも一人で寂しい想いをしているという。どうにもやりきれない思いからテレクラを利用してしまったようだ。

私はただただセックスがしたいという本心を隠しながら紳士な振る舞いを装って辛抱強く綾子さんの話しを聞いていたら
「あなたのような優しい人でとってもよかった。」
なんて言ってくれる。そして続けてこうも言うのである。
「この後行きますか…?ホテル…」

白く肉付きの良い尻の間に咲く一輪のローズピンクおマ○コ

情事が始まるとアポを取り付ける前の警戒を見せていた姿勢とは打って変わってなかなか積極的な動きをする綾子さん。
優しいキスをすれば舌を積極的に出して自らベロチューを試み、胸を揉みしだけば負けじとこちらのペニスをいじってくる。

童顔と美しいローズピンクおマ○コを持つ若妻の献身的なフェラ

流石にご無沙汰だからかフェラはぎこちないが、一生懸命気持ちよくさせようとする奉仕の気持ちがみてとれるので好感が持てる。

童顔若妻の美しいローズピンクおマ○コ

攻守交代とばかりに私は彼女をベッドに仰向けに寝かせ、又を優しく広げてあげると白く瑞々しい太ももの間に綺麗なローズピンクのバラのようなおマ○コが姿を現す。私はこんなにきれいなピンクおマ○コはかつて見たことがない。

手マンと同時にクンニをしてあげると程なくぐちょぐちょになったので本番に取り掛かる。

童顔と美しいローズピンクおマ○コを持つ若妻を正常位から攻める

正常位からいたわるように優しくピストンすれば、喘ぎ声も普段の話し方の印象そのままにおっとりとそして優しく部屋に響いていく。

童顔と美しいローズピンクおマ○コを持つ若妻の献身的な騎乗位

騎乗位では決してテクニシャンとはいえないまでも一生懸命に尽くしてあげようという人間性が見て取れる腰の動きで、それがひたむきで愛おしい。

童顔と美しいローズピンクおマ○コを持つ若妻に肉付きの良い尻を眺めながらバックで攻める

なかなか肉付きの良い尻を眺めながらのバックはフィニッシュに相応しい体位であった。時々チ○ポを抜いてはそのピンクおマ○コの美しさを確かめるように眺めた後、再びピストンを再開するという流れを数度繰り返し、遂に私はフィニッシュした。最後は尻射であった。

その後一年ほどたまに会ってはランチを楽しんだり時にはセックスするような関係を保ち続けた後、急に夫の帰国が決まったとあって連絡が途絶えてしまった。 しかしそれでも私は後悔はしていない。あの類まれなる童顔と類を見ない美しいローズピンクおマ○コを堪能できたことは間違いなく一生の忘れがたい思い出であるからだ。